コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引け四つ ヒケヨツ

デジタル大辞泉の解説

ひけ‐よつ【引け四つ】

江戸新吉原遊里で、遊女が張り見世から引き揚げる時刻。実際には九つ(午後12時)であるが、四つ(午後10時)とみなして拍子木を四つ打った。「木の四つ」と称して、「鐘四つ」と区別した。引け

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひけよつ【引け四つ】

江戸時代、新吉原で、夜の12時のこと。四つは本来午後10時(鐘四つ)にあたるが、それでは店を閉めるには早すぎるので、夜の12時を四つと称するようになったもの。引け。 「 -の拍子木/滑稽本・根無草後編」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

引け四つの関連キーワード引け・退け後の四つ引け過ぎ引ける四つ門滑稽本

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android