コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)当て ヒキアテ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐あて【引(き)当て】

将来の支出のためにその金額を準備しておくこと。また、その金額。
抵当。かた。「土地を引き当てに金を借りる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

引(き)当ての関連キーワード外国為替資金貸付制度有限責任・無限責任一部正貨準備制度退職給付会計無限責任社員債権者取消権債権者代位権不動産金融引渡命令中央銀行資本形成信用創造商法大意債務超過保証準備無限責任株式配当強制管理ハデスNNE

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android