コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥市 やいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥市 やいち

?-? 江戸時代後期の漂流民。
摂津西宮(兵庫県)の永住丸乗組員。天保(てんぽう)12年(1841)犬吠埼沖で遭難し100日余り漂流ののち,翌年スペイン船エンサヨー号に救助される。カリフォルニア半島に置き去りにされたが,仲間の太吉,伊(亥)之助とともに弘化(こうか)2年清(しん)(中国)の船で長崎に帰着した。紀伊(きい)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

弥市の関連キーワード東久留米市のイオンショッピングセンター計画土屋安親(2代)土屋安親(3代)便々館琵琶麿12月11日奈万須盛方井関英太郎大矢 正夫和田小伝次遠藤 為春西村清太郎品川弥二郎藤川平九郎滝弥太郎赤根武人河上弥市亜墨新話遠藤為春生野の変江田弥市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥市の関連情報