コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥市 やいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥市 やいち

?-? 江戸時代後期の漂流民。
摂津西宮(兵庫県)の永住丸乗組員。天保(てんぽう)12年(1841)犬吠埼沖で遭難し100日余り漂流ののち,翌年スペイン船エンサヨー号に救助される。カリフォルニア半島に置き去りにされたが,仲間の太吉,伊(亥)之助とともに弘化(こうか)2年清(しん)(中国)の船で長崎に帰着した。紀伊(きい)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥市の関連情報