弥栄(読み)やさか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥栄(島根県)
やさか

島根県西部、那賀(なか)郡にあった旧村名(弥栄村(むら))。現在は浜田市の中南部を占める地域。旧弥栄村は、1956年(昭和31)安城(やすぎ)、杵束(きつか)の2村が合併して成立。2005年(平成17)浜田市に合併。農林業が主であるが耕地面積は少ない。米作が中心で、スギ、ヒノキの良材を産出する。昭和40年代木炭の生産が不振になり挙家離村が続いた。過疎対策としてシイタケ栽培の協業を進めている。周布(すふ)川上流に周布川ダム・大長見ダム、三隅(みすみ)川に木都賀(きつか)ダムがある。西陣織工場が誘致された。[野本晃史]
『『弥栄村誌』(1980・弥栄村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥栄の関連情報