弥栄(読み)やさか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弥栄(島根県)
やさか

島根県西部、那賀(なか)郡にあった旧村名(弥栄村(むら))。現在は浜田市の中南部を占める地域。旧弥栄村は、1956年(昭和31)安城(やすぎ)、杵束(きつか)の2村が合併して成立。2005年(平成17)浜田市に合併。農林業が主であるが耕地面積は少ない。米作が中心で、スギ、ヒノキの良材を産出する。昭和40年代木炭の生産が不振になり挙家離村が続いた。過疎対策としてシイタケ栽培の協業を進めている。周布(すふ)川上流に周布川ダム・大長見ダム、三隅(みすみ)川に木都賀(きつか)ダムがある。西陣織工場が誘致された。[野本晃史]
『『弥栄村誌』(1980・弥栄村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥栄の関連情報