コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田市 はまだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜田〔市〕
はまだ

島根県西部,日本海に臨む市。海沿いはリアス海岸で景観に恵まれ,良港も多い。冠山山地の北側斜面に位置し,丘陵地や山地が市域のほとんどを占める。1940年市制。1955年井野村,大麻村の一部,1969年国府町を編入。2005年金城町,町,弥栄村,三隅町の 4町村と合体。鎌倉時代以後,大陸貿易が行なわれ,元和5(1619)年古田氏が築城,5万石の城下町として発展。明治以後は港町として栄え,1892年には貿易港となり,神戸税関の支署が設置された。帆船時代には日本海を航行する多くの船が寄港した浜田漁港は,近代においても県下有数の漁港。缶詰,かまぼこなどの水産加工業が盛んで,付近には県の水産試験場や水産加工団地などがある。その西側には 1957年に重要港湾の指定を受けた浜田商港がある。伝統工業の石州半紙(→半紙和紙)は国の重要無形文化財に指定,2009年世界無形遺産に登録。周布の木工団地では木材加工が行なわれる。付近には周布古墳,国分寺には下府廃寺塔跡,石見国分寺跡(いずれも国指定史跡)があり,市街地北西部に浜田城跡の石垣が残る。西部の三隅大平ザクラは国指定天然記念物。海岸は国指定天然記念物の石見畳ヶ浦を中心に浜田海岸県立自然公園に,南部の大佐山一帯は西中国山地国定公園に属する。JR山陰本線,国道9号線,186号線が通じ,浜田自動車道のインターチェンジがある。面積 690.66km2。人口 5万8105(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はまだ‐し【浜田市】

浜田

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浜田市の関連キーワード島根県浜田市弥栄町長安本郷島根県浜田市金城町上来原島根県浜田市三隅町向野田島根県浜田市弥栄町木都賀島根県浜田市三隅町古市場島根県浜田市三隅町東平原島根県浜田市金城町下来原島根県浜田市三隅町上古和島根県浜田市三隅町西河内島根県浜田市三隅町下古和島根県浜田市弥栄町田野原島根県浜田市金城町宇津井島根県浜田市弥栄町高内島根県浜田市弥栄町程原島根県浜田市金城町波佐島根県浜田市金城町七条島根県浜田市金城町久佐島根県浜田市瀬戸ケ島町島根県浜田市三隅町井野島根県浜田市三隅町折居

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜田市の関連情報