コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生庵雛群 やよいあん ひなむら

1件 の用語解説(弥生庵雛群の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥生庵雛群 やよいあん-ひなむら

1813-1867 江戸時代後期の狂歌師。
文化10年生まれ。筑波庵紫蔭(つくばあん-しいん)の長男。細木香以(さいき-こうい)に愛され,その父桃江園雛亀(ひなかめ)より弥生庵3代をゆるされる。巴水連の判者。慶応3年2月8日死去。55歳。江戸出身。姓は君塚。通称は丸屋藤兵衛。別号に江境庵北雄,杉栖居浦雀。編著に「むつきの遊」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

弥生庵雛群の関連キーワード千里亭藪虎萩花妻花廼屋光枝春道梅員辺仁之无子万年堂生成神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone