弥生庵雛群(読み)やよいあん ひなむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弥生庵雛群 やよいあん-ひなむら

1813-1867 江戸時代後期の狂歌師。
文化10年生まれ。筑波庵紫蔭(つくばあん-しいん)の長男。細木香以(さいき-こうい)に愛され,その父桃江園雛亀(ひなかめ)より弥生庵3代をゆるされる。巴水連の判者。慶応3年2月8日死去。55歳。江戸出身。姓は君塚。通称は丸屋藤兵衛。別号に江境庵北雄,杉栖居浦雀。編著に「むつきの遊」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android