コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弧盤 こばんphacolith

岩石学辞典の解説

弧盤

地層の褶曲軸の部分に整合的に貫入したレンズ状の岩体.褶曲の向斜軸や背斜軸の部分には地層の圧力の少ない隙間ができやすいので,この部分にマグマが侵入したもの.餅盤(laccolith)とは異なり,この形は褶曲の結果できたもので,貫入が原因ではない[Harker : 1909].元々はphacoliteと綴った.ギリシャ語でphkosはレンズ豆,扁豆の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

弧盤の関連キーワードファコリス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android