コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弧盤 こばんphacolith

岩石学辞典の解説

弧盤

地層の褶曲軸の部分に整合的に貫入したレンズ状の岩体.褶曲の向斜軸や背斜軸の部分には地層の圧力の少ない隙間ができやすいので,この部分にマグマが侵入したもの.餅盤(laccolith)とは異なり,この形は褶曲の結果できたもので,貫入が原因ではない[Harker : 1909].元々はphacoliteと綴った.ギリシャ語でphkosはレンズ豆,扁豆の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone