コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅盤 ヘイバン

デジタル大辞泉の解説

へい‐ばん【餅盤】

《「べいばん」とも》マグマ地層中に貫入し、上面が鏡餅(かがみもち)状に膨らみ、下は地層面と平行になって固結した岩体。ラコリス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

餅盤【べいばん】

ラコリス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

餅盤

上部も底部も貫入された地層の層理面に沿って整合的に貫入した岩体で,貫入の結果,岩体の屋根の部分は上に向って膨らみドーム状の形態を示すようになったもの.ギリシャ語のlakkosは水溜め,水槽の意味で,ギルバートが提案した語である[Gilbert : 1877].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

餅盤
へいばん

ラコリス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

餅盤
べいばん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の餅盤の言及

【ラコリス】より

…供餅のように上方にふくらんだ逬入岩体。餅盤(べいばん)ともいう。水平に近い地層の間にマグマが貫入して,その上盤の地層をおし上げて,地層と整合になっている。…

※「餅盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

餅盤の関連キーワードミクロラコリス整合貫入岩体クリミア半島深成岩岩栓火成作用火成岩体浅所貫入火成岩分化岩栓弧盤

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android