コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弱毒性鳥インフルエンザ ジャクドクセイトリインフルエンザ

1件 の用語解説(弱毒性鳥インフルエンザの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゃくどくせい‐とりインフルエンザ【弱毒性鳥インフルエンザ】

H5型、H7型の鳥インフルエンザのうち、感染した鳥の致死率が低いもの。家畜伝染病予防法では、平成23年(2011)4月の法改正以降、低病原性インフルエンザと呼んでいる。
[補説]改正前の家畜伝染病予防法では、H5型・H7型のすべての鳥インフルエンザウイルスを高病原性とし、致死率の高低によって強毒性弱毒性と呼び分けていた。H5型・H7型以外の低病原性のものには「鳥インフルエンザ」の分類名が用いられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone