コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張萱 ちょうけん

2件 の用語解説(張萱の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちょうけん【張萱】

中国、唐代中期の宮廷画家。宮廷風俗や仕女などの美人画を描く。宋の徽宗が模写した「搗練とうれん図巻」が伝わる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

張萱【ちょうけん】

中国,盛唐の画家。生没年不明。長安の人。人物画家として名高く,当時の美人画第一人者。徽宗(きそう)の模写と伝える《搗練(とうれん)図》から,豊満な美女を描いたと推察される。
→関連項目周【ぼう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

張萱の関連キーワード夏珪許道寧荊浩周昉董源李迪玄応道邃内藤藤十郎辺鸞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone