コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強悪 ゴウアク

デジタル大辞泉の解説

ごう‐あく〔ガウ‐〕【強悪】

[名・形動]性質や行いが非常に悪いこと。また、そのさま。「強悪な人物」「強悪非道」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうあく【強悪】

ごうあく(強悪)」に同じ。 「淫行を恣ほしいままにせんとするの-を知りながら/読本・唐錦」

ごうあく【強悪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
おこない・性格などがきわめて悪い・こと(さま)。 「最も-なる首領/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強悪の関連キーワード西宮新六日本の諺経国美談村井長庵草双紙物式亭三馬揺蕩う実録物黄表紙人物合巻唐錦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強悪の関連情報