コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐錦 カラニシキ

デジタル大辞泉の解説

から‐にしき【唐錦】

[名]唐織りの錦。
[枕]布に関する意から、「た(裁)つ」「お(織)る」などにかかる。
「―たたまく惜しきものにぞありける」〈古今・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からにしき【唐錦】

( 名 )
唐織りの錦。中国産の錦。
( 枕詞 )
「裁つ」「織る」「縫ふ」などの語やそれと同音の語にかかる。 「 -たたまく惜しき物にぞありける/古今 雑上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の唐錦の言及

【織物】より

…そこで,その欠を補ったのが,中国から舶載された織物であった。中国織物の舶載は遣唐使の廃止後も引き続き行われ,宋代の唐錦や唐綾は貴族の間で珍重された。《枕草子》に〈めでたきもの唐錦〉とあるのは,愛好の一端を示すものであろう。…

【有職織物】より

は2色以上の緯糸で文様を織り表したものをいう。平織地浮文錦,地と文が異なる斜文組織のものや,文が浮織となった唐錦(からにしき)といわれるもの,地と文が同じ斜文組織で,緯糸で地色と文様を表した大和(倭)錦と呼ばれるもの,などがある。綟り織(もじりおり)は搦み織(からみおり)ともいわれる透ける織物で,紗,縠(こめ),羅に分けられ,それぞれ無文と有文のものが用いられた。…

※「唐錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐錦の関連キーワード川島 甚兵衛(4代目)大和錦・倭錦大高坂維佐子大高坂芝山下河辺長流川島甚兵衛織り延ふ伊丹椿園先染織物西陣織巻き絹大和錦唐錦縅滝の糸熟路螟蛉織物衝立強悪

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐錦の関連情報