コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強綿薬 キョウメンヤク

大辞林 第三版の解説

きょうめんやく【強綿薬】

硝酸セルロース(硝化綿)のうち、硝化の度合の強いもの。無煙火薬の原料に用いる。強綿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の強綿薬の言及

【綿薬】より

…火薬に用いられるニトロセルロースの別名。窒素量12.5%以上のものを強綿薬gun cotton,10~12%のものを弱綿薬collodion cottonと呼んでいる。強綿薬はアルコール1,エーテル2の混合液,それぞれの単独液,水およびニトログリセリンに不溶,アセトン,酢酸,ニトロベンゼン,酢酸アミルなどに可溶である。…

※「強綿薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

強綿薬の関連キーワード硝酸セルロース硝化綿綿薬

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android