硝化(読み)しょうか

  • nitration
  • nitrification
  • しょうか セウクヮ
  • しょうか〔セウクワ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) nitrification 窒素化合物分解でできたアンモニア酸化されて亜硝酸塩,さらに硝酸塩に変る現象。土壌中では広く存在する独立栄養菌によりこの変化が起る。 (2) nitration 有機化学反応硝酸を用いてニトロ基を導入したり,硝酸エステル化したりする反応総称

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有機化合物にニトロ基を導入する反応。ニトロ化ともいうが、化学工業方面ではとくに硝化ということのほうが多い。たとえばベンゼンをニトロベンゼンとする反応、セルロースやグリセリンをニトロセルロース(硝化綿ともいう)やニトログリセリンとする反応などがそうである。硝酸と硫酸との混合物(一般に混酸という)がもっとも一般的な硝化剤である。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 土壌中で、窒素化合物の分解によって生じたアンモニアが、栄養菌などの微生物によって酸化され、硝酸や亜硝酸に変化する現象。
② ニトロ基を導入する有機化学反応をいう。硝酸エステルを生成する硝酸エステル化反応、ニトロ化合物およびニトラミンを生成するニトロ化反応など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

アンモニアを酸化して亜硝酸塩,さらに硝酸塩に酸化する生物の行う反応をいう.この反応は,硝化細菌により土壌中で行われるが,アンモニアを亜硝酸塩にするNitrosomonasと亜硝酸塩を硝酸塩にするNitrobacterが段階的に関与する.これらの細菌は,窒素化合物の酸化によって得られるエネルギーを炭酸同化に用いる独立栄養生物であり,無機化合物の酸化によってエネルギーを得ている点で,化学独立栄養生物である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android