コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝化 しょうか

4件 の用語解説(硝化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硝化
しょうか

(1) nitrification 窒素化合物の分解でできたアンモニアが酸化されて亜硝酸塩,さらに硝酸塩に変る現象。土壌中では広く存在する独立栄養菌によりこの変化が起る。 (2) nitration 有機化学反応で硝酸を用いてニトロ基を導入したり,硝酸エステル化したりする反応の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょう‐か〔セウクワ〕【硝化】

アンモニア微生物によって酸化され、亜硝酸塩硝酸塩に変化すること。硝化作用
化合物中にニトロ基を導入する反応。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうか【硝化】

ニトロ基を導入すること。また、そのような反応の総称。ニトロ化。
土壌中の窒素化合物が分解して生じたアンモニアが、硝化細菌によって酸化され亜硝酸や硝酸になること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硝化
しょうか
nitration

有機化合物にニトロ基を導入する反応。ニトロ化ともいうが、化学工業方面ではとくに硝化ということのほうが多い。たとえばベンゼンをニトロベンゼンとする反応、セルロースグリセリンニトロセルロース(硝化綿ともいう)やニトログリセリンとする反応などがそうである。硝酸と硫酸との混合物(一般に混酸という)がもっとも一般的な硝化剤である。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硝化の関連キーワード御昼気がある口付け陣を取る手を出すどれ火が付く罅が入る二つ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硝化の関連情報