コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿薬 めんやく

百科事典マイペディアの解説

綿薬【めんやく】

主として火薬関係で用いられるニトロセルロース別称。窒素含有量12.5%以上のものを強綿薬,10〜12%程度のものを弱綿薬という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんやく【綿薬 nitrocotton】

火薬に用いられるニトロセルロースの別名。窒素量12.5%以上のものを強綿薬gun cotton,10~12%のものを弱綿薬collodion cottonと呼んでいる。強綿薬はアルコール1,エーテル2の混合液,それぞれの単独液,水およびニトログリセリンに不溶,アセトン,酢酸,ニトロベンゼン酢酸アミルなどに可溶である。弱綿薬はエーテルとアルコールの混合液その他の有機溶媒に可溶で,ニトログリセリンを膠化(こうか)させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綿薬の関連キーワード無煙火薬中仙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綿薬の関連情報