綿薬(読み)めんやく

  • nitrocotton
  • 綿薬 nitrocotton

世界大百科事典 第2版の解説

火薬に用いられるニトロセルロースの別名。窒素量12.5%以上のものを強綿薬gun cotton,10~12%のものを弱綿薬collodion cottonと呼んでいる。強綿薬はアルコール1,エーテル2の混合液,それぞれの単独液,水およびニトログリセリンに不溶,アセトン,酢酸,ニトロベンゼン,酢酸アミルなどに可溶である。弱綿薬はエーテルとアルコールの混合液その他の有機溶媒に可溶で,ニトログリセリンを膠化(こうか)させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

セルロースを硫硝混酸などと反応させて得られる硝酸エステルをニトロセルロースといい,このうち火薬類としての用途に供せられるものを綿薬または綿火薬という.綿薬の含有する窒素量をパーセントで表し,12% 以上を強綿薬,11~10% を弱綿薬,10% 以下を脆綿薬という.ただし,強綿薬のことを綿薬ということもある.1845年,ドイツのC.F. Schönbein(シェーンバイン)によって発見された綿薬は,火薬類として,無煙火薬の原料,ニトログリセリンとまぜてダイナマイトの基剤,圧搾して炸(さく)薬,電気雷管の点火薬などと幅広く用いられたが,現在では無煙火薬とダイナマイト用に限られている.しかし,弱綿薬,脆綿薬はセルロイド,ラッカー塗料,人造皮革マニキュアなどの化粧品などの原料に用いられている.綿薬は硝酸エステルであるため,加水分解により自然分解の傾向がある.その製造にあたり十分に酸分を除くため煮洗を繰り返すこと,または自然分解防止剤の添加などにより実用的に自然分解防止ができるようになった.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android