コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾力性アプローチ だんりょくせいアプローチelasticities approach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弾力性アプローチ
だんりょくせいアプローチ
elasticities approach

貿易収支の変化の分析方法の一つ。分析方法としては,ほかにもアブソープション・アプローチマネタリー・アプローチがあるが,弾力性アプローチは,特に交易条件が変化したときに,価格弾力性の概念を用いて輸出入への直接的な影響を分析し,貿易収支がどのように変化するかを調べるときに使われる。為替相場の変化による輸出入量の増減の度合いは,それぞれの価格弾力性に左右される。為替レートの変化によって期待された方向に貿易収支が変化する条件は,輸出数量と輸入数量の価格弾力性の和が1より大きいことで,これをマーシャル=ラーナーの条件という。逆に,この条件が満たされていれば為替相場は安定する,という議論がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android