弾性ゴム(読み)だんせいゴム

精選版 日本国語大辞典「弾性ゴム」の解説

だんせい‐ゴム【弾性ゴム】

〘名〙 (ゴムはgom) 生ゴムに硫黄を加えて、適度の弾性と機械的強度をもたせた通常のゴム。生ゴムそのままでは、弾性が小さく柔らかすぎ、温度が上昇すると著しく軟化するなどの欠点を改良したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の弾性ゴムの言及

【ゴム】より

…3者とも似た化学組成をもち,40~60%がトリテルペン樹脂,10~15%がイソプレンの重合体であるゴム,残部は灰分,多糖類である。(3)日常目に触れるゴム製品の主原料である弾性ゴムrubber。ただゴムといった場合,一般にはこれを指す。…

※「弾性ゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android