弾指の間(読み)ダンシノカン

  • だんし
  • の 間(あいだ・ま・かん)
  • 弾指

デジタル大辞泉の解説

指をはじくだけのきわめて短い時間。
「芭蕉の断末魔も既にもう、―に迫ったのであろう」〈芥川・枯野抄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

仏語。指をならすに要する短い時間。極めて短い時間。弾指頃(だんしきょう)。弾指頭。
※空也和讚(12C後か)「臨終の正念成故に弾指の間に往生す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android