弾指(読み)ダンシ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《古くは「たんじ」「だんじ」とも》
仏語。
㋐曲げた指の爪を親指の腹にかけて強くはじくこと。許諾・警告・忌避や歓喜などの意を表す所作。
㋑きわめて短い時間の単位。一万二千弾指を一昼夜とする。
非難すること。排斥すること。
「其浮薄遊を悪(にく)んで以て之れを―せざる者なしと」〈菊亭香水・世路日記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「たんじ」「だんじ」「たんし」とも)
① 仏語。人さし指か中指の先を親指の腹にあてて音を立てること。敬虔や歓喜、あるいは警告や許可などの意を表わす。
※霊異記(810‐824)下「爰に景戒慚愧の心を発して、弾指して言はく」
② 転じて、非難すること。排斥すること。
※小右記‐長和三年(1014)一二月六日「其辺有能通朝臣領処、大納言有要望気者、可弾指之世也」
③ 仏語。極めて短い時間を表わす単位。一弾指を六十五刹那とも六十念ともいい、一万二千弾指を一昼夜ともする。
※空華集(1359‐68頃)一〇・賀雲門菴甘露閣成、兼謝主人太清和尚見展待云「甘露法門弾指開、倚空高閣望悠哉」 〔摩訶迦葉度貧母経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android