コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断末魔/断末摩 ダンマツマ

デジタル大辞泉の解説

だん‐まつま【断末魔/断末摩】

《「末」は、梵marmanの音写。身体内にある特殊な急所で、何かがこれに触れると死ぬという》息を引き取るまぎわ。臨終。「―の苦しみ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

断末魔 だんまつま

?-? 織豊時代の能面師。
喜多古能の「仮面譜」によれば,仮面中作以後の名手5人のうちのひとり。おもに狂言面をつくる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断末魔
だんまつま

仏教では、末魔に触れて命を断つこと。末魔はサンスクリット語のマルマンmarmanの音写で、「関節、致命的な部分、傷つきやすい場所」を意味し、結局「急所」のこと。特殊な急所に触れて、末魔を断てば死に至ると考えられ、また末魔を打てば精神に異常を生ずるともいう。転じて、「まさにいまわのきわの苦しみ。息を引き取るまぎわの苦しみ」をいい、「断末魔の苦しみ」という。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

断末魔/断末摩の関連キーワード団・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談山田嘉右衛門(1)ファウスト伝説ブルガリア文学修禅寺物語織豊時代漁業儀礼喜多古能残酷物語李 賢主弾指の間夜叉王悶え

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android