コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弾指頃 ダンシキョウ

デジタル大辞泉の解説

だんし‐きょう〔‐キヤウ〕【弾指頃】

弾指の間」に同じ。
「三過門間の老病死一―去来今とも、彼様の事をや申すべき」〈太平記・三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんしきょう【弾指頃】

指をはじく間。きわめて短い間。弾指の間。 「三過門間の老病死、一-去来今とも、かやうの事をや申すべき/太平記 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

弾指頃の関連キーワード弾指の間・弾指のあいだ一弾指弾指