彌増(読み)いやまさり

  • いやまさ・る
  • いやまし
  • いやま・す

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動〙 (「いや」は副詞) いよいよ多くなるさま。激しくなるさま。一段と増大するさま。
※伊勢物語(10C前)四〇「さるあひだに思ひはいやまさりにまさる」
〘自ラ四〙 (「いや」は副詞) いよいよ程度が激しくなる。ますます盛んになる。次第に募る。
※万葉(8C後)一一・三一三五「近くあれば名のみも聞きてなぐさめつこよひゆ恋の益益(いやまさり)なむ」
〘形動〙 (「いや」は副詞) いよいよまさるさま。ますます多くなるさま。
※万葉(8C後)二〇・四二九八「霜の上に霰(あられ)たばしり伊夜麻之爾(イヤマシニ)(あれ)は参来(まゐこ)む年の緒長く」
※仮名草子・元の木阿彌(1680)上「そのかみ千之丞が流れを汲て、いやましの君、玉川万之丞」
〘自サ四〙 (「いや」は副詞) いよいよ多くなる。ますます激しくなる。一段と募る。いよます。
※大唐西域記長寛元年点(1163)五「忽異を覩(み)て祗(つつしみ)(おづることを)重増(イヤマス)
※洒落本・両国栞(1771)「夏の日ざかり菅笠(すげがさ)花蓙(はなござ)の声にあつさいやまし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android