コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当然増経費 とうぜんぞうけいひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当然増経費
とうぜんぞうけいひ

予算の編成に際して,一定額を義務的に歳出予算に計上せざるをえない性質の経費のこと。具体的には,法令に基づき歳入見積りいかんにより増減する地方交付税・国債費など国庫債務負担行為,および継続費の歳出化によるもの,さらに給与費,その他対象の自然増の平年度化によるものなどがあげられる。当然増経費中の代表的なものは,国債費と地方交付税交付金であるが,このような当然増経費の増加は,財政硬直化の大きな原因となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうぜんぞうけいひ【当然増経費】

既定の政策や制度を前提とすると、毎年必然的に増加していく経費。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

当然増経費の関連キーワード前提制度政策既定

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android