コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当道要集 とうどうようじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当道要集
とうどうようじゅう

当道の文献。江戸幕府の盲人保護政策に対する奥田総検校の失敗の反省から,寛永 11 (1634) 年3月小池凡一検校らが当道の沿革などをまとめて幕府に上書すべく編集されたものの根幹をなす室町時代以来の当道資料の集成。別に,元禄5 (92) 年9月には,杉山和一検校が新しく『当道新式目』を撰し,これに『当道要集』『当道要抄』その他を合せた『瞽官紀談』もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

当道要集の関連キーワード座頭(ざとう)明石覚一四宮河原雨夜尊

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android