形と実質(読み)かたちとじっしつ(英語表記)forme et substance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「形と実質」の解説

形と実質
かたちとじっしつ
forme et substance

言語学用語。ソシュールが提唱し,L.イェルムスレウが述語化した概念。言語を物理的・生理的・心的「実質」の集成体ではなく,その音や意味の差異などの「形」から構成される記号体系ととらえ,言語の本質は「関係態」であるとする。この概念は,20世紀の思想に「実体論から関係論へ」という根本的な変化を促した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android