形式的平等(読み)けいしきてきびょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「形式的平等」の解説

形式的平等
けいしきてきびょうどう

人はすべて生れながらにしての前に平等であるという思想。これは,「法のもとの平等」として近代憲法の大原則の一つとなった。この思想は直接には身分制を打破し,法的に人格の平等を保障するものであったが,それはいわば機会の平等であって,必ずしもそれによって現実に存在する不平等,不公正が結果的に是正され,実質的な平等が実現されるわけではないので,その実質的平等に対して形式的平等と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android