形式的平等(読み)けいしきてきびょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形式的平等
けいしきてきびょうどう

人はすべて生れながらにして神の前に平等であるという思想。これは,「法のもとの平等」として近代憲法の大原則の一つとなった。この思想は直接には身分制を打破し,法的に人格の平等を保障するものであったが,それはいわば機会の平等であって,必ずしもそれによって現実に存在する不平等,不公正が結果的に是正され,実質的な平等が実現されるわけではないので,その実質的平等に対して形式的平等と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形式的平等の関連情報