コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭頭山遺跡 ほうとうざんいせきPeng-tou-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彭頭山遺跡
ほうとうざんいせき
Peng-tou-shan

中国湖南省 澧県にある稲作農耕最古の遺跡。年代は炭素 14年代測定法によると前8千年紀にさかのぼるとされている。出土したイネが栽培種か,野生種か,意見が分れているが,栽培種の可能性が強い。土器は口の狭くなった丸底の壺形の土器と皿形の土器であり,確実な稲作農耕遺跡である河姆渡遺跡に比べると単純である。壺形の土器があることはイネを煮て食べたことを意味し,これはイネが当初から粒のまま煮て食べられたことを示すものと考えられる。稲作農耕の初現を示す遺跡として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android