コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栽培種 さいばいしゅcultigen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栽培種
さいばいしゅ
cultigen

さまざまな自生植物の中から有用な植物を選び,作物としての有効利用を目的として改良されたもの。栽植種ともいう。自生種に対する。栽培しているものだけ知られていて,その起源,由来が不明または疑問の種も多い。一般に種子を自然散布する自生種に比べ,栽培種は種子の非脱落性が強いなど人間の用途に向くようにつくられるものであるから,ある部分だけが異常に発達した「奇形」の植物で,人間の保護管理が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栽培種の関連キーワードシロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)三内丸山(さんないまるやま)遺跡オランダ苺・オランダ莓シンガポール植物園サクランボ(桜坊)ツクリタケ(作茸)ストロビランセスクロッサンドラフヨウ(芙蓉)クルミ(胡桃)墾丁森林遊楽区ゴボウ(牛蒡)ローガンベリーウラナミシジミアッケシソウクマツヅラ科オカトラノオ西月ヶ岡遺跡イチジク受粉ブバルディア

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栽培種の関連情報