コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往五天竺国伝 おうごてんじくこくでんWang-wu tian-zhu-guo-zhuan; Wang-wu t`ien-chu-kuo-chuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往五天竺国伝
おうごてんじくこくでん
Wang-wu tian-zhu-guo-zhuan; Wang-wu t`ien-chu-kuo-chuan

中国,唐代の新羅出身の仏僧慧超 (えちょう) のインド・中央アジア旅行記。原3巻といわれる。成立年代未詳。南海航路からインドに入ったが,クシナガラ (拘尸那国) にいたる直前から 727年に亀茲 (きじ) にいたり焉耆 (えんき) などを記録した部分の首尾を欠いた巻子写本が,1908年に敦煌から発見された (パリ国立図書館) 。7世紀末の義浄と8世紀後半の悟空の記録を埋める貴重なものであり,西アジアのイスラム勢力についても多くの示唆に富む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

往五天竺国伝の関連キーワード藤田豊八

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android