焉耆(読み)えんき(英語表記)Yan-qi; Yen-ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「焉耆」の解説

焉耆
えんき
Yan-qi; Yen-ch`i

カラシャフル (哈喇沙爾) の中国名。天山南麓オアシス都市で,天山中部から流れるユルドゥズ川 (海都河,開都河) がバグラシュ湖に注ぐ地にあり,周囲に広い牧草地が開けている。アグニ (阿耆尼) と呼ばれた時代もあったが,現在はイエンチー (焉耆) ホイ (回) 族自治県。東西交易の中継拠点として文化的にも繁栄した一方,北方遊牧勢力の天山南部への進出突破口としても注目される。匈奴の支配のあと中歴代王朝や亀茲 (きじ) などのオアシス国家との抗争,それらへの帰順を繰返すうち,と結んでトゥルファン (吐魯番) 盆地高昌国を滅ぼすにいたった。しかしそれ以後はかえって唐の西域経営の拠点となった。のち吐蕃,天山ウイグル王国,元朝,チャガタイ・ハン国モグリスタン・ハン国カシュガル・ハン国の支配を受け,次第にかつての仏教文化は衰えてイスラム化が進んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「焉耆」の解説

えんき【焉耆】

中国の歴史書にみえる西域諸国の一。現在の新疆ウイグル自治区の都市カラシャールにあたる。天山山脈の南側にあってシルクロード要衝を占め、都護府が置かれた、安西四鎮の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「焉耆」の解説

えんき【焉耆】

中国、新疆ウイグル自治区の都市カラシャールの中国名。天山山脈の南麓にあり、シルクロード要地を占めた都市国家。唐代には都護府が置かれて安西四鎮の一つとなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「焉耆」の解説

【焉耆】えんき

西域の国の名。

字通「焉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

百科事典マイペディア「焉耆」の解説

焉耆【えんき】

カラシャール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「焉耆」の解説

焉耆
えんき

カラシャール

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「焉耆」の解説

焉耆
えんき

カラシャール

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の焉耆の言及

【カラシャール】より

…中国,新疆ウイグル自治区焉耆(えんき)回族自治県の所在地名および盆地名。カラシャフルともいい,中国名は焉耆。…

※「焉耆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android