コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焉耆 えんきYan-qi; Yen-ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焉耆
えんき
Yan-qi; Yen-ch`i

カラシャフル (哈喇沙爾) の中国名。天山南麓のオアシス都市で,天山中部から流れるユルドゥズ川 (海都河,開都河) がバグラシュ湖に注ぐ地にあり,周囲に広い牧草地が開けている。アグニ (阿耆尼) と呼ばれた時代もあったが,現在はイエンチー (焉耆) ホイ (回) 族自治県。東西交易の中継拠点として文化的にも繁栄した一方,北方遊牧勢力の天山南部への進出突破口としても注目される。匈奴の支配のあと中国歴代王朝や亀茲 (きじ) などのオアシス国家との抗争,それらへの帰順を繰返すうち,唐と結んでトゥルファン (吐魯番) 盆地の高昌国を滅ぼすにいたった。しかしそれ以後はかえって唐の西域経営の拠点となった。のち吐蕃,天山ウイグル王国,元朝,チャガタイ・ハン国モグリスタン・ハン国カシュガル・ハン国の支配を受け,次第にかつての仏教文化は衰えてイスラム化が進んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

焉耆【えんき】

カラシャール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

えんき【焉耆】

中国、新疆しんきようウイグル自治区の天山山脈南麓なんろくに位置するオアシス都市。カラシャールの漢名。シルク-ロードの要地を占め、漢代に、焉耆国があり、中国諸王朝の西域経営の拠点となった。イエンチー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焉耆
えんき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の焉耆の言及

【カラシャール】より

…中国,新疆ウイグル自治区焉耆(えんき)回族自治県の所在地名および盆地名。カラシャフルともいい,中国名は焉耆。…

※「焉耆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

焉耆の関連キーワードイエンチー(焉耆)ホイ(回)族自治県バヤンゴル(巴音郭楞)自治州魏(中国、三国の一つ)カラシャハル川カラシャフル往五天竺国伝西域南北道ウイグル李柏文書シルククルレ麹嘉呂光漢名要地

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android