示唆(読み)シサ

デジタル大辞泉の解説

し‐さ【示唆】

[名](スル)《「じさ」とも》それとなく知らせること。ほのめかすこと。「示唆に富む談話」「法改正の可能性を示唆する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しさ【示唆】

( 名 ) スル
〔「じさ」とも〕
それとなく物事を示し教えること。 「 -を与える」 「 -に富む話」 「政界の腐敗を-する事件」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐さ【示唆】

〘名〙 (「じさ」とも) 他の物事によって、それとなく教えすこと。また、その教え。
※城のある町にて(1925)〈梶井基次郎〉昼と夜「そんな国定教科書風な感傷のなかに、彼の営むべき生活が示されたやうな気がした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

示唆の関連情報