コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧超 えちょう Hyech'o

2件 の用語解説(慧超の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慧超
えちょう
Hyech'o

[生]聖徳王3(704)
[没]?
朝鮮,新羅の学僧,旅行家。少年時代に渡唐して在唐のインド人高僧,金剛智 (諡号大弘教三蔵〈だいぐきょうさんぞう〉,中国密教の開祖) に師事し,やがて海路インドにおもむき各地の仏跡をめぐった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えちょう【慧超 Hye‐ch‘o】

704‐?
朝鮮,新羅の僧。恵超とも記す。若くして入唐し,719年には金剛智に師事した。やがて海路よりインドにわたり,釈迦の遺跡をたずねた。帰路は中央アジアを経由して,727年,安西都護府(亀茲)に帰った。その後,長安で再び金剛智に師事して訳経に従事するなど,その生涯の大半を唐ですごした。彼の残した旅行記《往五天竺国伝》は,当時のインド,中央アジアの風俗,地理などを知るうえで貴重である。【木村 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慧超の関連キーワード郷歌甄萱新羅琴麻立干阿利斯等土師豊麻呂阿道強首慈蔵味鄒

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone