コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往来田 おうらいでん

1件 の用語解説(往来田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうらいでん【往来田】

賀茂別雷(かもわけいかずち)神社(現,京都市北区の上賀茂神社)の氏人らが,同社周辺の諸郷において与えられていた給田。蔣池直一《南柯記》(1814)が鎌倉末期の神主賀茂経久の日記を引いて記すところでは,1303年(嘉元1)に始まるという。年齢順に140名までの氏人が,人別5反の田地を,境内六郷(上賀茂六郷)のうち小野郷を除く河上・大宮・小山・中村・岡本の5郷に各1反ずつ支給されるのが原則であった。この田は罪科による闕所などの場合を除き終身用益を認められ,死去の際社中に返還,新たに従来受給資格のなかった〈無足〉の氏人のうちから,年齢次第に受給者が定められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の往来田の言及

【賀茂別雷神社】より

…別雷社は賀茂氏人集団によって維持され,氏人のなかから神主がえらばれて祭祀と社領を管轄した。境内六郷には往来田制度がしかれ,氏人のうち140人が境内の田地を独特の割りかえ方式によってながく保持した。豊臣秀吉は2572石を安堵し,江戸幕府にひきつがれた。…

※「往来田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

往来田の関連キーワード賀茂賀茂神社賀茂御祖神社賀茂別雷神社上賀茂神社賀茂の御生賀茂別雷命火雷神玉依日売伏原宣足

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone