コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往来田 おうらいでん

世界大百科事典 第2版の解説

おうらいでん【往来田】

賀茂別雷(かもわけいかずち)神社(現,京都市北区の上賀茂神社)の氏人らが,同社周辺の諸郷において与えられていた給田。蔣池直一《南柯記》(1814)が鎌倉末期の神主賀茂経久の日記を引いて記すところでは,1303年(嘉元1)に始まるという。年齢順に140名までの氏人が,人別5反の田地を,境内六郷(上賀茂六郷)のうち小野郷を除く河上・大宮・小山・中村・岡本の5郷に各1反ずつ支給されるのが原則であった。この田は罪科による闕所などの場合を除き終身用益を認められ,死去の際社中に返還,新たに従来受給資格のなかった〈無足〉の氏人のうちから,年齢次第に受給者が定められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の往来田の言及

【賀茂別雷神社】より

…別雷社は賀茂氏人集団によって維持され,氏人のなかから神主がえらばれて祭祀と社領を管轄した。境内六郷には往来田制度がしかれ,氏人のうち140人が境内の田地を独特の割りかえ方式によってながく保持した。豊臣秀吉は2572石を安堵し,江戸幕府にひきつがれた。…

※「往来田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往来田の関連キーワード賀茂清茂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android