上賀茂六郷(読み)かみがもろくごう

百科事典マイペディアの解説

上賀茂六郷【かみがもろくごう】

中世に京都賀茂別雷(かもわけいかずち)神社上賀茂神社)領であった河上,大宮,小山,岡本,中村,小野の6郷をいう。上賀茂社の南部から北西部に広がっていて,〈賀茂六郷〉〈賀茂社境内六郷〉とも称された。1017年賀茂社に参詣した後一条天皇は山城国愛宕(おたぎ)郡の8郷を上賀茂社と賀茂御祖(かもみおや)神社(下鴨神社)に寄進,上賀茂社領となった4郷(賀茂郷,小野郷,錦部郷,大野郷)が13世紀初期までに再編されて6郷となった。賀茂六郷では〈往来田〉とよばれる独自の土地制度が行われていた。神社領である田地を氏人が分割所有,氏人が死去すると田地を神社に返し,別の氏人に宛行(あておこな)うという制度で,田地が神社と氏人の間を往来するのでこの名がある。この制度は中世を通じて維持され,守護不入の地であった。近世に入り太閤検地で上賀茂社領は大幅に削減されたが,残された社領で往来田制度は維持された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみがもろくごう【上賀茂六郷】

中世賀茂別雷(かもわけいかずち)神社(上賀茂神社)の膝下神領であった河上・岡本・中村・小山・大宮・小野の6ヵ郷の総称。現,京都市北区・左京区のうち。1017年(寛仁1)の後一条天皇の行幸を機に,上賀茂・下鴨両社に対し,周辺愛宕郡内の地が4郷ずつ寄進され,上賀茂神社には賀茂・錦部・小野・大野の各郷があてられた。これが中世に至り編成替えされて上記の6郷となる。その時期は13世紀初期以前と見られる(賀茂旧記)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の上賀茂六郷の言及

【往来田】より

…蔣池直一《南柯記》(1814)が鎌倉末期の神主賀茂経久の日記を引いて記すところでは,1303年(嘉元1)に始まるという。年齢順に140名までの氏人が,人別5反の田地を,境内六郷(上賀茂六郷)のうち小野郷を除く河上・大宮・小山・中村・岡本の5郷に各1反ずつ支給されるのが原則であった。この田は罪科による闕所などの場合を除き終身用益を認められ,死去の際社中に返還,新たに従来受給資格のなかった〈無足〉の氏人のうちから,年齢次第に受給者が定められた。…

※「上賀茂六郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android