コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上賀茂六郷 かみがもろくごう

百科事典マイペディアの解説

上賀茂六郷【かみがもろくごう】

中世に京都賀茂別雷(かもわけいかずち)神社上賀茂神社)領であった河上,大宮,小山,岡本,中村,小野の6郷をいう。上賀茂社の南部から北西部に広がっていて,〈賀茂六郷〉〈賀茂社境内六郷〉とも称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみがもろくごう【上賀茂六郷】

中世賀茂別雷(かもわけいかずち)神社(上賀茂神社)の膝下神領であった河上・岡本・中村・小山・大宮・小野の6ヵ郷の総称。現,京都市北区・左京区のうち。1017年(寛仁1)の後一条天皇行幸を機に,上賀茂・下鴨両社に対し,周辺愛宕郡内の地が4郷ずつ寄進され,上賀茂神社には賀茂・錦部・小野・大野の各郷があてられた。これが中世に至り編成替えされて上記の6郷となる。その時期は13世紀初期以前と見られる(賀茂旧記)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の上賀茂六郷の言及

【往来田】より

…蔣池直一《南柯記》(1814)が鎌倉末期の神主賀茂経久の日記を引いて記すところでは,1303年(嘉元1)に始まるという。年齢順に140名までの氏人が,人別5反の田地を,境内六郷(上賀茂六郷)のうち小野郷を除く河上・大宮・小山・中村・岡本の5郷に各1反ずつ支給されるのが原則であった。この田は罪科による闕所などの場合を除き終身用益を認められ,死去の際社中に返還,新たに従来受給資格のなかった〈無足〉の氏人のうちから,年齢次第に受給者が定められた。…

※「上賀茂六郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上賀茂六郷の関連キーワード賀茂御祖神社賀茂別雷神社太閤検地往来田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android