コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待賢門院堀河 たいけんもんいんの ほりかわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

待賢門院堀河 たいけんもんいんの-ほりかわ

?-? 平安時代後期の歌人。
源顕仲(あきなか)の娘。はじめ令子内親王(1078-1144)につかえて前斎院六条とよばれ,のち待賢門院につかえ堀河と称された。歌は「金葉和歌集」以下の勅撰集におおく採録されている。中古六歌仙のひとり。家集に「待賢門院堀川集」。
【格言など】長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝は物をこそ思へ(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいけんもんいんのほりかわ【待賢門院堀河】

平安後期の歌人。源顕仲の女むすめ。白河天皇皇女令子内親王(前斎院)に仕えて六条と呼ばれ、後に待賢門院に仕えて堀河と呼ばれた。父が主催した歌合などに出詠。「金葉集」以下の勅撰集に入集。家集「待賢門院堀河集」。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

待賢門院堀河の関連キーワード令子内親王待賢門院源顕仲女勅撰集源顕仲金葉集入集西行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android