家集(読み)かしゅう

  • いえのしゅう いへのシフ
  • かしゅう ‥シフ
  • かしゅう〔シフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 個人の歌集。勅撰集に対して平安朝の私家集をいうことが多い。
※古今(905‐914)真名序「各献家集并古来旧歌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家集の言及

【私家集】より

…ふつう近世以前の歌集についてのみいう。古くは家の集(いえのしゆう),家集(かしゆう)といい,また,集(しゆう)とも呼ばれ,勅撰・私撰和歌集のような多人数の歌を集めたものと区別される。現存する私家集は近世期まで加えれば膨大な数に上る。…

※「家集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家集の関連情報