コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家集 カシュウ

大辞林 第三版の解説

かしゅう【家集】

個人の和歌を集めた歌集。家いえの集。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家集
かしゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家集の言及

【私家集】より

…ふつう近世以前の歌集についてのみいう。古くは家の集(いえのしゆう),家集(かしゆう)といい,また,集(しゆう)とも呼ばれ,勅撰・私撰和歌集のような多人数の歌を集めたものと区別される。現存する私家集は近世期まで加えれば膨大な数に上る。…

※「家集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家集の関連キーワード後京極良経藤原道綱母黄葉和歌集加藤宇万伎散木奇歌集斎宮女御集三十六人集飛鳥井雅世飛鳥井雅親飛鳥井雅有伊勢大輔集金槐和歌集続国歌大観赤染衛門集秋篠月清集京極為兼藤原為理藤原実定藤原為家宿貸し鳥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家集の関連情報