コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

律原発揮 りつげんはっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律原発揮
りつげんはっき

江戸時代初期の楽律書。和算家中根元圭 (1662~1733) 著。元禄5 (1692) 年刊。律,度,量,衡の4項から成る数学の概論書であるが,「」の音律を扱った項が特に日本における本格的楽律論の先駆として知られる。中国楽律の算出法である三分損益,中国と日本の音階の相違などのほか,日本で初めての平均律理論が述べられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

律原発揮の関連キーワード元禄文化梅村甘節

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android