コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三分損益 さんぶんそんえき

2件 の用語解説(三分損益の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三分損益
さんぶんそんえき

古代中国で行われた音律計算法。古代ギリシアピタゴラスの計算と原理的には同一であるが,古代中国では弦でなく律管をつくるための計算であった。ある高さの律管より完全5度高いものをつくるためには,その管の長さの3分の1を取除いたものに等しい管をつくればよく,これを三分損一という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんぶんそんえき【三分損益】

中国の音律算定法。日本の雅楽の理論にも用いられる。三分損一(律管の長さを3分の1だけ短くして,完全5度上の音を求める)と三分益一(3分の1の長さを足して3分の4の長さの律管を作り,完全4度下の音を求める)とを交互に行って管長を算出して音律を定める法をいう。中国では五声七声十二律をすべてこの方法で算出する。主音を宮として三分損一により徴(ち)を求め,徴を三分益一して商を求め,この手続きを繰り返して羽と角を求め,音高の順に並べて宮・商・角・徴・羽の五声を得る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三分損益の関連キーワード音律京房芝祐泰唐笛商調呂旋法三分損益法(音階)都市火災危険度算定法五韻

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone