律呂三十六声(読み)りつりょさんじゅうろくせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

律呂三十六声
りつりょさんじゅうろくせい

三味線の楽譜。『律呂三十六声麓之塵』ともいう。享保 17 (1732) 年出雲路和泉板行。泉南興津浜漁翁の序文と佐野興津浜農父の跋文がある。のちの深草検校 (16登官) である野崎検校の門弟信都 (のぶいち) の伝える地歌長歌曲 15曲の譜を収録。イロハのかたかなによって三味線勘所を記譜した方式の最初のもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android