コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深草検校 ふかくさけんぎょう

2件 の用語解説(深草検校の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深草検校
ふかくさけんぎょう

盲人の地歌三弦家。都名 (いちな) は官一。早崎検校そよ一に師事。享保1 (1716) 年検校登官。初め野崎検校とだ一と称した。当時京都での三弦名手として知られ,柳川流系の早崎流三味線組歌を伝承,『十二月新組』『千代の恵』など新作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深草検校 ふかくさけんぎょう

?-? 江戸時代中期の地歌演奏家。
享保(きょうほう)(1716-36)のころ京都で活躍。柳川流の早崎検校の門人で,野川検校とならび称された。組歌「十二月新組」「千代の恵」,長歌「丹頂の鶴」「冬の夜」などの作曲で知られる。名は官一。前名は野崎検校とだ一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の深草検校の言及

【晒】より

…(1)地歌・箏曲 貞享(1684‐88)以前に北沢勾当が,宇治川の布ざらしを歌った小編の小歌をつないで,間奏を入れた長歌を原曲とし,これを《古(こ)さらし》という。これに対して,深草検校が,その間奏部の器楽性を発展させたものを《新さらし》といったが,のちには,単に《さらし》といえば,この深草の手事物あるいはそれを箏曲化したものをいうようになった。これに対して,三味線の変奏度を増したものも,さまざまに作られ,京都では《早ざらし》といい,江戸の山田流でも三味線秘曲の《新ざらし》が伝えられ,さらにこれにやはり変奏度の強い箏の手を付けることも行われた。…

【乱】より

…そのほか,津軽箏曲に発展の途中の段階を示す段構造のものが数種遺存している。三味線曲化したものは,生田検校ないし深草検校の作曲と伝えられる。江戸の野田検校が,本雲井調子の替手を作曲しているが,京都などでは,平調子の替手が付けられ,八重崎検校の編曲と伝えられる。…

【六段】より

…段物ないし調べ物の代表曲で,組歌の表組に付随する付物として教習・伝習された。三味線曲化したものは,深草検校の作曲と伝えられ,前後に歌が付いて長歌物とも扱われたが,手事物の分類の成立期には,その代表曲とされた。これに,国山勾当(こうとう)が三下りの替手を付けたが,さらにそれを箏に移したものが,箏の雲井調子ないし中空調子の替手である。…

※「深草検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

深草検校の関連キーワード小野川検校田中検校継橋検校富岡検校早崎検校(1)房崎勾当藤尾勾当藤永検校(初代)藤村検校八重崎検校(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone