後へも先へも行かぬ(読み)アトヘモサキヘモイカヌ

デジタル大辞泉の解説

後(あと)へも先(さき)へも行かぬ

動きがとれない。どうすることもできない。にっちもさっちも行かぬ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あとへもさきへもゆかぬ【後へも先へも行かぬ】

進退きわまる。にっちもさっちもいかない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと【後】 へも 先(さき)へも行(ゆ)かぬ

動きがとれなくなり、途方にくれる。にっちもさっちも行かぬ。進退きわまる。
※俳諧・物種集(1678)「跡へもさきへもゆかぬ往生 書置にこれまでのする石車〈西鶴〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android