コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後巷説百物語 ノチノコウセツヒャクモノガタリ

デジタル大辞泉の解説

のちのこうせつひゃくものがたり〔のちのカウセツヒヤクものがたり〕【後巷説百物語】

京極夏彦推理小説。さまざまな妖怪をモチーフに事件を解決していく巷説百物語シリーズの一つ。平成15年(2003)刊行。同年、第130回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

後(のちの)巷説百物語

京極夏彦の連作妖怪短編集。2003年刊行。巷説百物語シリーズ。第130回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後巷説百物語の関連情報