コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後期資本主義 こうきしほんしゅぎSpätkapitalismus

2件 の用語解説(後期資本主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後期資本主義
こうきしほんしゅぎ
Spätkapitalismus

もともと W.ゾンバルトが用いた概念。最近では,J.ハーバーマスらによって用いられ,この概念の下で,現代社会の厳密な分析が進められた。後期資本主義とは,国家が市場や市民社会に介入することで成立するような段階の資本主義のことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきしほんしゅぎ【後期資本主義】

一九世紀以後の絶頂期を過ぎた資本主義のこと。体制安定のための国家による経済活動への干渉の増大などによって特徴づけられる。ゾンバルトによって用いられ、のちにハーバーマスに受け継がれた概念。晩期資本主義。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone