コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後法興院政家記 ごほうこういんまさいえき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後法興院政家記
ごほうこういんまさいえき

室町時代後期の公卿近衛政家 (1444~1505) の日記。自筆原本 30巻が京都の陽明文庫に伝えられており,文正1 (1466) 年から永正2 (1505) 年に及んでいる。この間文明1 (1469) 年から 10年間の記事が欠けているが,寛正3 (62) 年に近衛家を継ぎ,文明 11 (79) 年関白,氏の長者,長享2 (88) 年太政大臣,明応6 (97) 年准三宮となった政家の,応仁の乱に続く戦国時代初期激動期の日記だけに,政治,社会,経済,文化全般にわたる貴重な史料である。『続史料大成』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android