コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後法興院政家記 ごほうこういんまさいえき

1件 の用語解説(後法興院政家記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後法興院政家記
ごほうこういんまさいえき

室町時代後期の公卿近衛政家 (1444~1505) の日記。自筆原本 30巻が京都の陽明文庫に伝えられており,文正1 (1466) 年から永正2 (1505) 年に及んでいる。この間文明1 (1469) 年から 10年間の記事が欠けているが,寛正3 (62) 年に近衛家を継ぎ,文明 11 (79) 年関白,氏の長者,長享2 (88) 年太政大臣,明応6 (97) 年准三宮となった政家の,応仁の乱に続く戦国時代初期激動期の日記だけに,政治,社会,経済,文化全般にわたる貴重な史料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

後法興院政家記の関連キーワード文安多鳩神社下学集嘉吉二中歴文安竹田城ウィッツ下学集コンティ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone