コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後火/跡火 アトビ

デジタル大辞泉の解説

あと‐び【後火/跡火】

嫁に行く娘を生家から送り出したあと、門前でたく火。
葬式を出したあとに門前でたく火。送り火。
「―の火箸といふこと、などてか、世になきことならねど」〈・一四一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

後火/跡火の関連キーワードルクセンブルク大公宮殿引田 天功(1代目)サンアントニオ聖堂引田 天功(初代)シャルトル大聖堂オットー ピーネ桜島(鹿児島湾)北陸電力(株)東北電力(株)四国電力(株)中国電力(株)阿月の神明祭薩摩国分寺跡ヘルポールトノッキング朝霞(市)ウォーフ火山岩頸片倉鶴陵明通寺

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android