コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後発白内障 コウハツハクナイショウ

1件 の用語解説(後発白内障の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうはつ‐はくないしょう〔‐ハクナイシヤウ〕【後発白内障】

白内障の手術後に、眼内レンズを入れるために残した水晶体の袋が濁ることで起こる白内障。白内障の手術では、水晶体を完全に取り除くと眼内レンズを固定する場所がなくなってしまうため、水晶体の内部のみ取り出し、袋を残す必要がある。後発白内障は、特殊なレーザーを用いて濁った袋の中心部を焼くことで治療でき、再発の心配はないとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後発白内障の関連情報