コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤瑞巌 ごとう ずいがん

1件 の用語解説(後藤瑞巌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤瑞巌 ごとう-ずいがん

1879-1965 明治-昭和時代の僧。
明治12年10月18日生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺の釈宗活(しゃく-そうかつ)に師事後,渡米して布教にあたる。大正3年朝鮮の妙心寺派の布教監督となる。のち岐阜県円成寺住持などをへて,妙心寺派管長,大徳寺派管長をつとめた。昭和40年3月20日死去。85歳。岐阜県出身。東京帝大卒。法名は宗碩。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤瑞巌の関連キーワードアニオン電着塗装石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易ラジオ放送織田純一郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

後藤瑞巌の関連情報