コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤瑞巌 ごとう ずいがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤瑞巌 ごとう-ずいがん

1879-1965 明治-昭和時代の僧。
明治12年10月18日生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺の釈宗活(しゃく-そうかつ)に師事後,渡米して布教にあたる。大正3年朝鮮の妙心寺派の布教監督となる。のち岐阜県円成寺住持などをへて,妙心寺派管長,大徳寺派管長をつとめた。昭和40年3月20日死去。85歳。岐阜県出身。東京帝大卒。法名宗碩

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤瑞巌の関連キーワード昭和時代小田雪窓明治