コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後装填法 こうそうてんほうafter loading method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後装填法
こうそうてんほう
after loading method

線源後詰法ともいう。腔内照射は子宮頸癌の重要な治療法の一つであるが,術者の被曝が多い。この欠点を除くため,まず模擬線源をアプリケータで子宮および腟内に挿入し,照射状態が適当であることを透視などで確かめたのち,誘導管を通して真の線源と交換して照射する。これを後装填法という。さらに最近は,遠隔操作ですべて自動的に行える装置が開発され,高線量率の線源が使用できるようになり,治療時間の短縮が可能となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android