後院司(読み)ごいんじ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごいん‐し ゴヰン‥【後院司】

〘名〙 後院におかれた職員の総称。別当、預(あずかり)、庁蔵人などがあり、後院領を管理するなど後院の事務をつかさどっていた。ごいんのつかさ。
※御堂関白記‐長和五年(1016)七月一〇日「参上上、宮聞事由、定後院司

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後院司の言及

【後院】より

…その間,保元の乱後に藤原頼長らの旧領42ヵ所を没官して後院領に編入したのをはじめ,その所領は急速に増大し,皇室領のなかに重要な位置を占めるに至った。
[後院司]
 後院には,これを管理運営するために,別当以下の職員が置かれた。《新儀式》には,別当2人ないし3人,預2人,庁蔵人3人を後院司とし,別当には公卿および四位または五位の廷臣を任命すると定めている。…

※「後院司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android