コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後集 コウシュウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゅう〔‐シフ〕【後集】

前に出した詩歌集や文集などに対して、それに漏れたものやその後の作品などをあとから選び足したもの。「菅家後集」⇔前集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゅう【後集】

すでに出された詩歌集・文集などに対し、あとから選び足したもの。 ↔ 前集 「菅家-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後集の関連キーワード言の葉の道正倉院文書和中 金助宇都宮黙霖名臣言行録漁隠叢話和中金助風俗文選酉陽雑俎里村玄碩井上士朗庄司勝富山本西武菅家後集伊達吉村武経総要村田春海白氏文集佐倉笑種ダイアー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後集の関連情報